【明星大学】教育の制度と経営 2単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数140
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部教育学科
    教育の制度と経営 2単位目の合格レポートです。
    課題は『1.学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。』です。
    少しでも、これから提出される方の一助となれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の制度と経営2
    1.今日、学校経営と教育行政の繋がりにおいて大きく分けて2つの変革が訪れている。一つは教育行政主導の学校への指示・命令を弱め、指導・支援の役割を強めて規制緩和による学校経営の相対的独自性を強める方向性を取る事と、2つ目は教育行政が生涯学習体制づくりの中心的役割を果たし、地域教育計画の立案と展開を目指す事である。これらが相互に機能することによって開かれた学校経営を可能とし、その為にも地域の文化や学習の振興への期待や必要性が高まっている。ここでは学校経営と地域の教育への参画についての課題とそれに対する教育行政の整備や学校経営の取り組みをまとめる。
     2000年1月の文部省令の改正により地域住民の学校運営のへの参画と学校の地域に対する説明責任を制度的に位置づけるものとして学校評議員制度が制度化され、より一層地域に開かれた学校づくりを推進する体制が作られた。学校評議員等を設置している公立学校は全体の80%以上、国立学校は100%と高い設置率であり、全校種においても設置率は年々上昇している。その活動内容について「地域との連携協力」「学校評価」「学校の危機管理」といった分野の割..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。