【明星大学】教育の制度と経営 1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数181
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育学部教育学科
    教育の制度と経営 1単位目の合格レポートです。
    課題は『1.日本における最近の教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.各国の教育制度の中から1つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ。』です。
    少しでも、これから提出される方の一助となれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育の制度と経営 1単位目
    1.戦後日本における教育改革は様々な見地から行われてきた。その中でも現在においても検討が重ねられているゆとり教育について経緯と課題を整理して自己の教育観の向上に繋げたい。 
     ゆとり教育の流れが確立した時期は1984年に中曽根首相の諮問機関として位置付けられた「臨時教育審議会(以下 臨教審)」が設置された事に起因する。また、教育基本法に則って社会の変化の変化と文化の発展に対応する教育を実現する為には教育改革が不可欠であり、その為に臨教審は設置され3年間に渡って計4回の答申を提出し、多くの議論を提起した。
     その答申の検討は中央教育審議会(以下 中教審)や教育過程審議..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。