【明星大学】英語科教育法3 1単位目合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数182
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    明星大学通信教育学部教育学科
    英語科教育法3 1単位目の合格レポートです。
    課題は『リプロダクションとはどのような学習活動なのか説明しなさい。また、教科書を使った授業の流れにおいて、どのように導入すべきか、具体例を挙げて説明しなさい。また、その説明に沿った自分の実践例も紹介すること』です。
    少しでも、これから提出される方の一助となれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語科教育法3 1単位
     リプロダクションとはどのような学習活動であろうか。まずリプロダクションの要旨を説明し、教科書を使用した授業の流れにおいてその活動はどのように導入すべきかを活動の具体例を例示してリプロダクションについて論述してみたい。
     平成21年に告示された高校学習指導要領では、それまでのインプットとして学習した言語材料を活用して表現するアウトプットとしての言語活用が重視されるようになった。同時に聞く・読む・書く・話すといった4技能を独立的に学ぶのではなく、それらを統合してコミュニケーション活動を主とした学習を進めてコミュニケーション能力の伸長を目標とした。そしてグローバルな人材の育成を図るにはコミュニケーション能力だけではなく、英語表現で論理的思考力を培う事をねらいとした学習指導案を構成するように求めている。
     それら4技能の中でリーディングとスピーキングもしくはヒアリングとスピーキングの技能統合をして学習をする学習活動の一つとしてリプロダクションがある。リプロダクションは再生産の意味であり、読んだ英文や聞いた英会話の内容を原文通りに発話もしくは自分なりに表現をする事と言え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。