【2014年度】 A評価 S0101教育原論 第二設題 レポート 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数687
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学、S0101教育原論の第二設題のレポートです。
    2014年度にAの評価をいただきました。
    よければ参考にしてみて下さい^ ^

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。

     ジョン・ロックは、1632年にイングランド西南部サマセットシャーで生まれる。若い頃から医学に関心を持ち、実証主義や経験主義の学問精神を学ぶ。後、医師になるが、政争に巻き込まれてオランダへ亡命する。1688年に英国で名誉革命を起こした翌年にイングランドへ帰国。その後、「権利章典」の作成にも携わる。ジョン・ロックの著作には「寛容に関する書簡」「人間知性論」「統治論二編(市民政府二論)」「教育に関する考察」などがある。ここからは、ジョン・ロックの教育論を習慣形成と賞罰法を中心に述べていく。
     ジョン・ロックの教育論は一般に紳士教育論と言われている。これは、紳士(ジェントルマン)は、健全な身体と道徳と知識をもって・・・・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。
     ジョン・ロックは、1632年にイングランド西南部サマセットシャーで生まれる。若い頃から医学に関心を持ち、実証主義や経験主義の学問精神を学ぶ。後、医師になるが、政争に巻き込まれてオランダへ亡命する。1688年に英国で名誉革命を起こした翌年にイングランドへ帰国。その後、「権利章典」の作成にも携わる。ジョン・ロックの著作には「寛容に関する書簡」「人間知性論」「統治論二編(市民政府二論)」「教育に関する考察」などがある。ここからは、ジョン・ロックの教育論を習慣形成と賞罰法を中心に述べていく。
     ジョン・ロックの教育論は一般に紳士教育論と言われている。これは、紳士(ジェントルマン)は、健全な身体と道徳と知識をもっているべきだという考えに基づいている。また、ジョン・ロックは、教育法としてタブラ・ラサ説を説いている。これは、別の名で「精神白紙説」と言われており、この説を基本としてそこから教育論を展開する。
     タブラ・ラサ説(精神白紙説)とは、その名の通り、子どもは生まれた時にはその精神は白紙な状態であり、何の観念も有してい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。