【2014年度】 A評価 S0536 人権(同和)教育 佛教大学 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,043
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学のS0536人権(同和)教育のレポートです。
    2014年度にA判定をいただきました。

    ぜひ、レポートを作成する際に参考にしていただければと思います^ ^


    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。

    <はじめに>
     同和教育とは「同和問題を解決するための教育の営みの総称」であり、それは「同和問題を解決するための『教育以外の取組』」も含むとされている。また、今日同和教育が必要とされている背景には江戸時代の穢多、非人などの身分、またその身分が生まれるに至った時代背景が今日の部落差別を生んだとされている。ここでは、どのような同和教育が行われてきたのかを戦後の同和教育史を中心に述べ、人権(同和)教育の意義や・・・・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    <はじめに>
     同和教育とは「同和問題を解決するための教育の営みの総称」であり、それは「同和問題を解決するための『教育以外の取組』」も含むとされている。また、今日同和教育が必要とされている背景には江戸時代の穢多、非人などの身分、またその身分が生まれるに至った時代背景が今日の部落差別を生んだとされている。ここでは、どのような同和教育が行われてきたのかを戦後の同和教育史を中心に述べ、人権(同和)教育の意義や学習のあり方を述べる。
    <戦後の同和教育史>
     戦後の同和地区児童・生徒における問題は、同和地区児童・生徒の長期欠席や不就学であった。オールロマンス事件当時の長期欠席児童・生徒数は小学校で京都市0.6%に対し、同和地区が6.5%、中学校で京都市2.8%に対し同和地区28.7%と、数字を見ただけでもその深刻さがみてとれる。そして、この数字からも分かるように、この問題は同和教育創生期において最も重要であり緊急を要する教育課題であったのだ。そのため、戦後の京都..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。