★明星大学 中等教育課程論 PC3010 1,2単位目セット 2016 2015 2014合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数712
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。
    明星大学 PC3010 中等教育課程論 2単位分 レポートです。
    ぜひ参考になさってください。
    ※2016 2015 2014 2013年度に対応しています。

    <1単位目>
    1.学校で編成する教育課程の意義、及び各学校が教育課程の基準を踏まえつつ創意工夫を生かして適切な教育課程を編成することの重要性についてまとめてください。
    2.次の(1)から(3)までのうちから一つを選んで解答してください。
    (1)IEA(国際教育到達度評価学会)によるカリキュラムの概念的モデル(カリキュラムの3つの次元)について教育評価と関係付けながら説明してください。
    (2)次の①から④までのうちから一つを選び、その際の主な改善の方針や内容の特徴について説明してください。
    ① 昭和33(1958)年の学習指導要領告示
    ② 昭和52(1977)年の学習指導要領改訂
    ③ 平成元(1989)年の学習指導要領改訂
    ④ 平成10(1998)年の学習指導要領改訂
    (3)「経験主義」の教育課程と「系統主義」の教育課程について、それぞれどのような考え方をいうのか説明してください。
    ※(1)を選択して記述しています。

    <2単位目>
    1.平成20(2008)年の学習指導要領改訂の基本的な考え方や主な改善事項についてまとめてください。
    2.次の(1)から(3)までのうちから一つを選んで解答してください。
    (1)学校で教育課程を編成・実施するに当たって踏まえるべき法令について、教育課程の基本的な要素(教育の目標、内容、授業時数)に留意しながら整理してください。
    (2)学校評価における教育課程の評価について、対象となりうる項目とどのようにして改善につなげるか述べてください。
    (3)目標に準拠した評価の意義や実施上の留意点についてまとめてください。
    ※(2)を選択して記述しています。

    【参考文献】
    『現代教育課程入門』鯨井俊彦・青木秀雄・林幹夫編著(明星大学出版部)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PC3010 中等教育課程論
    1単位目
    1-1 学校で編成する教育課程の意義,及び各学校が教育課程の基準を踏まえつつ創意工夫を生かして適切な教育課程を編成することの重要性についてまとめてください。
    1-2 次の(1)から(3)までのうちから一つを選んで解答してください。
    (1)IEA(国際教育到達度評価学会)によるカリキュラムの概念的モデル(カリキュラムの3つの次元)について教育評価と関係付けながら説明してください。
    1-1
    教育課程について,意義とともにその役割を述べていく。
    教育課程とは,各教科や外国語活動,道徳,総合的な学習の時間および特別活動等学校で実施される教育活動全体について,学校教育の目的や目標を達成するために,教育の内容を学年ごとに児童の心身の発達に応じ授業時数との関連において,総合的に組織した学校の教育計画である。
    教育内容の設定は,学習指導要領に各教科,道徳,特別活動及び総合的な学習の時間等それぞれに指導内容が示されているので,これらの基準に従うとともに,地域や学校の実態及び児童の心身の発達段階と特性を考慮して組織する必要がある。
    授業時数の設定は,学校教育法施行規..