★明星大学 日本語表現法 PD2040 1単位目 2015 2014合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数642
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。
    明星大学 PD2040  日本語表現法 1単位目 レポートです。
    ※2015.2014,2013年度に対応しています。

    1単位目
    テキスト付属のワークブックp.23 の文章について、
    (1)より整った文章となるように500 字以内で書き改め、
    (2)反対の立場(酒の方が煙草より悪い)からの文章を500 字以内で綴り、
    (3)これら二つの作業を通して得られた文章作成上の注意点を述べなさい。

    ※煙草とお酒、どちらが「悪い」かというテーマの文章です。
    両方の立場に立って書いています。

    【参考文献】
    『日本語表現法』 沖森卓也・半沢幹一(三省堂)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本語表現法 PD2040
    1単位目
    テキスト付属のワークブックp.23 の文章について、
    ①より整った文章となるように500 字以内で書き改め、
    ②反対の立場(酒の方が煙草より悪い)からの文章を500 字以内で綴り、
    ③これら二つの作業を通して得られた文章作成上の注意点を述べなさい。
    ①私は煙草の方が酒よりも悪いと思う。その理由は三点ある。
     第一に,人体に悪い。煙草は自分だけでなく,周りの人々にとっても有害である点が挙げられる。受動喫煙によって心筋梗塞等様々な病気のリスクが高まるのである。
     第二に,煙草は火事や火傷の元になる点である。たった1本の煙草の不始末で火事になってしまったり,歩き煙草によって思わぬ火傷を引き起こしてしまったりする場合がある。
     第三に,吸殻を生み出す点である。道路や駅のホームに吸殻が落ちていると,衛生的にも問題であるし,掃除が必要になってしまう。いくら喫煙所を設けていても場所を選ばない喫煙者は無くならない,このようなマナーの悪さは問題である。
    もっとも,酔っぱらいが他人に迷惑や危害を加えたり交通事故の原因にもなったりする場合があるため,酒の方が煙草よりも悪..