経営管理論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数366
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    慶應大学通信教育学部・経済学部の経営管理論の評価合格のレポートです。設問 環境、戦略および組織の関連性について概観した上で、企業変革について述べなさい。企業変革を達成する際にトップ・マネジメントとミドル・マネジメントが果たすべき役割についても述べること

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営管理論
    企業経営における環境、戦略、組織
    企業経営にとって、環境、戦略、組織は互いに密接している。なぜなら、他社製品のシェア・業界の動向などの企業の外部環境は、自社の新製品開発や製品撤収などの企業の経営戦略に大きな影響を与えるし、その製品や産業の性質などの外部環境は企業が職能部門制組織や事業部制組織、プロダクト・マネージャー制組織などの組織形態を選択する際の意思決定に大きな影響を与えるからである。例えば、自社の商品の売上が好調になり始めた場合の環境が存在する場合は、企業は現状の商品に引き続き力を入れる戦略を取るだろうし、その商品の取り扱いが非常に難しく、その商品の営業にも高度な知識を必要とする場合には、企業は職能部門制組織や事業部制組織などの高度な分業が進み、部門間の知識共有が少ない組織形態よりも、ある一つの組織が一つの商品の企画、開発、販売を一貫して行うプロダクト・マネージャー制の組織形態を採用するだろう。具体的な戦略理論としても、環境に応じた経営戦略を考察したものとして、自社における強み、弱みと環境における機会、脅威を用いて企業のとるべき戦略を示したSWOT分析や自社の相対的マ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。