慶應通信経済学部レポート商業学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数255
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    慶應通信経済商業学慶應通信

    代表キーワード

    慶應大学商業学

    資料紹介

    慶應大学通信教育学部・経済学部の商業学の評価Bのレポートです。設問 ブランド化の意義とその効果について例を挙げて説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                     商業学
                    はじめに
    ブランド化とは、商品や企業の名称によって、その商品や企業を他の競合商品や競合企業から、特異化することである。ここでは、まず最初に、ブランド化がその商品を特異化できる要因を分析し、第二に、ブランド化による企業の利益を分析し、最後に具体的なブランド戦略と、ブランド戦略の具体例を挙げることにする。
    第一章        ブランド化による商品の特異化の要因
    ブランド化が、その商品を特異化できる理由としては、主に、評判メカニズムの機能、消費者の情報収集コストの削減の二つがあげられる。普通、消費者が商品について得られる情報は少なく、どの商品が品質が良く、どの小売店が品質の良い商品を扱っているということは、分からない場合が多い。また、ある時期に、良い品質の商品が供給されても、その次の時期には、悪い品質の商品が供給される可能性もあるため、短期的な売買においては、消費者は、過去に良い品質を提供する企業があったとしても、その企業の商品を購入することが良いとは限らない。評判メカニズムとは、長期に渡って、企業が良い品質の商品を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。