慶應通信専門科目経営学レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数624
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    慶應通信経済経営学慶應通信

    代表キーワード

    慶應大学経営学

    資料紹介

    慶應大学通信教育学部・経済学部の経営学の合格レポートです。設問 企業が衰退に陥る原因を競争戦略の視点から明らかにしなさい。その際、個別企業のケースや産業衰退のケースを用い、少なくとも4つのモデル、理論、視点から議論を展開しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

                      経営学
                   はじめに
    企業が衰退にいたる原因は多数存在する。それらを分析する経営戦略理論としては、企業の競争業者、新規事業者などのその企業の外部環境に焦点を当てたポーターのSCPモデル、商品の収益性とマーケットシェアに着目したプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント理論がある。また、SCPモデルは、その企業が主に扱う製品の導入期からその商品が市場から姿を消す衰退期までの時期に応じた分析にも応用される。ここでは、まずポーターのSCPモデルと呼ばれる競争戦略の理論による企業の衰退要因を分析し、第二に、商品の市場の時間的遷移を表すプロダクト・ライフ・サイクルを紹介する。第三にプロダクト・ライフ・サイクルにおける成熟期、衰退期の二つの視点から、企業の衰退要因をポーターのSCPモデルを応用して分析する。最後にプロダクト・ポートフォリオ・マネジメント理論から企業の衰退要因を行うことにする。
    第一章 ポーターのSCPモデル
    ポーターのSCPモデルとは、ファイブフォース分析と呼ばれる企業やその業界の収益性や魅力度を、現状の競争業者、その業界..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。