慶應通信経営分析論レポート

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数352
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    慶應大学通信教育学部・経済学部の経営分析論の評価Aのレポートです。設問 (1)企業には様々な利害関係者が存在する。それは各々どのようなグループか、またそれらは経営分析とどのような関係があるのか論述せよ。(2)企業にはなぜ様々な目標が存在しているのか。その理由を考えよ。(3)代理指標サロゲイトとは何か。テキストとは異なった事例を各人で作成し、分かりやすく説明せよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業には様々な利害関係者が存在する。それは各々どのようなグループか、またそれらは経営分析とどのような関係があるのか論述せよ。
    企業には、様々な利害関係者が存在し、それらの者たちが、自分の利益や損害を最大化したり、最小化している。そのためには、利害に関係する企業の情報収集をし、その情報をもとに、その企業の経営状態を分析する必要がある。しかし、経営分析の視点は、その利害関係者の立場によって異なっている。例えば、各地に工場を設置して、膨大な利益を得ているが、それによって、排気ガスや騒音により、工場の近隣住人や環境に悪影響を与えている事例を考えてみよう。その企業の出資者は、自分の出資金に応じて配当を得ることができるため、企業の経営状態を収益性に着目して、経営状態を分析する。よって、この場合は、企業は膨大な利益を得ているため、その企業の出資者は、その企業の経営状態を良好なものだと分析するだろう。一方、企業の近隣住人は、自分達の生活の被害の最小化を目標にしている。その企業の近隣住人は、例え、その企業が膨大な利益を得ていたとしても、工場を設置による排気ガスや騒音により、近隣住人の生活を害していると判..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。