【日大通信】S30500 マーケティング 分冊1 合格レポート (H27-29年度課題)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数270
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    製品開発とは、新たに製品・商品を開発する業務の事で、特に新規である事を強調する時には、「新製品開発」という言葉が使われる事もある。我々は常にマーケットに目をむけ、市場に受容される新商品を創ることが求められている。なぜなら、企業にとって新製品や新サービス創造の重要性が高まり、オープンイノベーションの試みや、開発組織の変革、そして人材づくりに日々取り組み、商品開発の高度化に挑戦しているからである。
    新製品開発の手順を大きく捉えると、「商品戦略の策的・コンセプト開発」「仕様の決定」「製品・販売計画の策定」の三つの段階にわけて捉えることができる。製品開発のテーマが新規あるいは既存品リニューアルの場合でも、このプロセスは変わらない。
    新製品は、マーケティングの発想が不可欠である。製品を開発して販売するためには、まず顧客の「ニーズを把握することから始まる。なぜなら、どの市場のどんな顧客ニーズを満たす商品を開発するかを決めなければ、商品開発はできないからである。顧客ニーズを満たすことができなければ全く売れない商品になってしまうからである。具体的には、「このような商品が欲しい」という取引先からの要望や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。