経営学 分冊1 日本大学 通信教育部

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数240
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最終評価「A評価」


    講評
    「前回の講評を受け、再提出していただきました。重要なポイントをしっかり押さえ、良くまとまっていると思います。合格とさせていただきます。」


    ※1回目は不合格で、2回目の再提出で合格をいただきました



    コーポレート・ガバナンスに関する次の設問について論述しなさい。

    ①コーポレート・ガバナンスの意味と重要性
    ②日本企業のコーポレート・ガバナンスの特徴・問題点・改善策
    ③監査役設置会社と委員会設置会社の仕組みと意図
    ④日本企業にふさわしいコーポレント・ガバナンスのあり方について自己の見解


    <ポイント>
    4つの設問についてバランスよく解答すること。


    <キーワード>
    経営者に対するモニタリングとチェック、不祥事の防止、取締役会改革

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営学 分冊1
    コーポレート・ガバナンスに関する次の設問について論述しなさい。
    コーポレート・ガバナンスの意味と重要性
    日本企業のコーポレート・ガバナンスの特徴・問題点・改善策
    監査役設置会社と委員会設置会社の仕組みと意図
    日本企業にふさわしいコーポレント・ガバナンスのあり方について自己の見解
    <ポイント>
    4つの設問についてバランスよく解答すること。
    <キーワード>
    経営者に対するモニタリングとチェック、不祥事の防止、取締役会改革
    ①コーポレート・ガバナンスとは企業統治と訳される。会社は誰のものか、誰のために経営されるべきかをめぐる諸問題、具体的には、トップ・マネジメントを中心とする重要な経営上の意思決定の仕組み、株主・経営者・従業員・取引先・債権者などさまざまなステークホルダー間での権限や利害調整の仕組み、経営者に対するモニタリングとチェックなどを含んでいる。株式会社は、資本が巨大になり事業規模が拡大してくると、社員が増え、部署の多様化、事業の形態も複雑化し、一人一人の社員の行動に目を行き届かせることが難しくなる。しかし、大企業の経営者は、会社の健全性と成長性を実現する効率的な企業..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。