保険総論 分冊1 日本大学 通信教育部

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数366
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最終評価「S評価」


    講評
    「前回の指摘に対して、前進がみられ評価します。」

    ※1回目は不合格で、2回目の再提出で合格をいただきました


    保険制度の成立条件を述べた上で保険の仕組みを幅広く記述してください。


    <ポイント>
     保険制度が成立するための前提条件、制約条件をよく理解した上でポイントをまとめること。仕組みは保険が確率によって成り立っていることを参考書・参考文献をしっかり理解してポイントを記述のこと。

    <キーワード>
    経済的前提条件、技術的制約条件、大数の法則、給付・反対給付均等の原則


    ※キーワードすべて使用しています。
    丸写しはせず、参考程度に使っていただけたら嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保険総論 分冊1
    保険制度の成立条件を述べた上で保険の仕組みを幅広く記述してください。
    <ポイント>
     保険制度が成立するための前提条件、制約条件をよく理解した上でポイントをまとめること。仕組みは保険が確率によって成り立っていることを参考書・参考文献をしっかり理解してポイントを記述のこと。
    <キーワード>
    経済的前提条件、技術的制約条件、大数の法則、給付・反対給付均等の原則
    まずはじめに、1.保険制度の成立条件を述べ、次に2.保険の仕組みについて記述する。
    1.保険制度の成立条件
    これには(1)経済的前提条件と(2)技術的制約条件である。
    (1)保険制度が成立するにはまず、貨幣経済と信用の発達が必要である。保険制度はたくさんの保険加入者によって成立する制度である。そのため、いつの時代にもあったものではなく、古代社会や奴隷社会では保険制度は存在しなかった。やがて封建社会となり物々交換が行われ、貨幣経済が発達してから、かつ運営には信用制度の発達が必要であった。社会的秩序が整い、企業の経営技術も発達して、長期の資本取引が安全に行われるようになると、多数の商人がある一人の商人を信用して彼らの拠..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。