商品学 分冊2 日本大学 通信教育部

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数156
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最終評価 「A評価」

    講評 「聴覚障害の事例が秀ですネ!!」


    ユニバーサルデザインと商品開発 -○○○○○についてー


    <ポイント>
     ユニバーサルデザインの特徴や基本的な論点を踏まえて、商品開発の意義が具体的に提示されていること。


    <キーワード>
    ノーマリゼーリング、バリアフリー、人間工学、商品の会社性


    ※キーワードすべて使用しています。
    丸写しはせず、参考程度に使っていただいたら嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商品学 分冊2
    ユニバーサルデザインと商品開発 -求められている理由・今後求められる考え方についてー
    <ポイント>
     ユニバーサルデザインの特徴や基本的な論点を踏まえて、商品開発の意義が具体的に提示されていること。
    <キーワード>
    ノーマリゼーリング、バリアフリー、人間工学、商品の会社性
     ユニバーサルデザインとバリアフリーを比べながら、今これが求められている理由・今後求められる考え方について考察する。
     デンマークの1959年法から始まったという、ノーマリゼーリング(ハンディキャップをもつ人ができる限り社会に統合化できるようにする考え方)は、現在、高齢者や障害者のための使いやすいデザインの基本となっている。
    1974年、米国のロナルド・メイスがバリアフリーデザイン報告書をWHOに提出し、これでユニバーサルデザインという言葉を提示し拡大してきた。彼が唱えたユニバーサルデザインは①公平性(誰にでも公平に利用できる)②自由度(使う上で柔軟性に富む)③単純性(簡単で直感的に利用できる)④情報理解性(必要な情報が簡単に理解できる)⑤安全性(単純なミスが危険につながらない)⑥省体力性(身体的な負..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。