商品学 分冊1 日本大学 通信教育部

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数490
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    最終評価 「A評価」

    講評 「事例を踏まえた考察が良」


    現代商品の商品特性を考える ー○○についてー

    <ポイント>
     現代商品は、モノ性・サービス性・情報性が結合して、商品価値が形成される。その構造や論点が提示されていること。

    <キーワード>
     機能・性能、サービス、付加価値、便益の束、商品価値の形成


    ※キーワードすべて使用しています。
    丸写しはせず、参考程度に使っていただいたら嬉しいです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商品学 分冊1
     現代商品の商品特性を考える ーおひとり様向け商品についてー
    <ポイント>
     現代商品は、モノ性・サービス性・情報性が結合して、商品価値が形成される。その構造や論点が提示されていること。
    <キーワード>
     機能・性能、サービス、付加価値、便益の束、商品価値の形成
    晩婚化・非婚化や高齢化の進展などによる、単独世帯の増加、ライフスタイルの変化や趣味の多様化により、最近一人○○といったサービスが増えてきている。ひとり焼き肉などの飲食サービス(好きなメニューを自分のペースやスタイルで楽しみたい人)、カラオケ(アニメソングなどの趣味性の高い曲を、心いくまで歌いたい人)、家事代行サービス(家事に時間を割きにくい多忙なビジネスパーソン)など、企業はひとり客=“おひとり様”をターゲットとするようになっている。こういった流れはサービスのみだけではなく、商品、家電業界にも影響を与えている。
    最近のおひとり様向け商品の中からいくつかを取り上げる。
    小型ブレンダー
    レコルトのソロブレンダーは特に人気がある。これはミキサーの上部がカップとなっており、そのままカップとして飲める手軽さが人気の理由と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。