発達検査法①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数423
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    総評 設題の理解:1
        文字:1
        文章の表現:1
        参考図書:1
        内容:1

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発達検査・知能検査の結果を聞いた保護者が、「日常生活では出来ることが検査場面に限って出来なかっただけだ」と主張した場合、それにはどのような理由が考えられるか考察し、そのような保護者への対応方法を具体的に述べなさい。
    知的検査とは、子どもを対象とした種々の心理アセスメントの中で知的能力を測定する発達アセスメントのことである。学習や就職指導、就学指導、障がい者認定などの基礎資料として、また社会適応面で困難がある子どもに対して、知的能力を把握することを実施目的としている。一方、発達検査は乳幼児から使用することができ、知能などの特定領域だけでなく運動や社会性の領域など子どもの発達全体や発達特徴が把握可..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。