話者数から見た世界の言葉と英語・日本語

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数438
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本における英語教育の必要性について簡単に述べています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     まず、世界の「大言語」である英語、中国語、日本語の「あり方」について調べまとめると次のようになる。
     最初に母語話者数が約13.7億人であり世界第1位の中国語は、中華人民共和国、中華民国、シンガポール共和国などで公用語として話されており、また華僑居住区でも使用されている。主に東アジア・東南アジアに話者が分布しているが、相互の疎通が困難であるほどの難しい方言がいくつか存在する。
     続いて母語話者数が約5.3億人であり世界第2位の英語は、公用語、準公用語としての話者がさらに約21億人存在する最もグローバルな言語であり、約80の国や地域で話されているとされる。そのため、母語話者よりもそうでない話者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。