振り子の周期(角度分割計算)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数111
閲覧数640
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    一般的に知られている振り子の周期を求める式2π√(l/G)はθとsinθがほぼ等しくなる微小角度の場合であり、広い角度においては誤差が大きくなるので適用できない。広い角度の周期を求めようとすると難解な数式である楕円積分を解かなければならないので高レベルの知識が要る。そこで高校物理程度の知識で0度から180度までの任意の角度に於いて周期を求める方法を考案したので紹介する。振り子の長さと角度を入力すると、振り子の周期、速度、張力の表、及び張力が時間とともに変化する様子のグラフが出力される。分割数nはユーザーが設定できる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    円周方向の加速度 9.8 v0+αt
    エンシュウ 1 半径
    角度 1.5707963267949 ハンケイ
    カクド 10
    カクド 1.5707963267949 半径
    エンシュウ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    円周方向の速度比率 ブンカツスウ 0.15707963267949 0.314159265358979 0.471238898038469 0.628318530717959 0.785398163397448 0.942477796076938 1.09955742875643 1.25663706143592 1.41371669411541 1.5707963267949 1
    分割数 ブンカツスウ 0.987688340595138 0.951056516295154 0.891006524188368 0.809016994374947 0.707106781186548 0.587785252292473 0.453990499739547 0.309016994374947 0.156434465040231 6.1257422745431e..

    コメント1件

    tomochan7 販売
    ページ数は111になっていますが、Excelファイルでワークシートが2枚のみです。
    2015/02/20 22:54 (21ヶ月2週前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。