【2015】〈明星大学〉教育の制度と経営_2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数191
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧いただきありがとうございます。

    明星大学の通信の合格レポートです。

    このワード資料を骨子にしながら手書きの際にちょっとまとめ直したりしているので私が提出した原文そのままではありません。

    1枚ごとの字数は、提出用のレポート形式と同様の字数で設定しています。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学 教育の制度と経営(PA1030)2単位目
    合格レポート
    課題①学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    課題②家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。
    成績:合格
    講評:学校の自主性・自律性を保証し、学校経営の裁量性を機能させるために構内経営体制を整備する方策として、職員会議の補助機関化、企画委員会等の活用、学校評議員制度の導入、校長・共闘への適材の確保などが示された。その中心は校長のリーダーシップ強化による「組織的、機動的な学校運営」の体制基盤づくりである。
    ①近年の日本の学校経営における動向の中で、学校選択制について考察する。
    学校経営とは、各学校においてそれぞれ独自に設定した学校教育目標の達成に向けて、人的・物的経営資源を有効に活用し、最も有効な手段で学校運営を行い、具現化を図ることである。その学校経営に大きな影響を与えるのが「学校選択制」である。学校選択制は96年行政改革委員会から、規制緩和推進の一環として提案された。そして2000年以降、品川区を始め、複数の自治体で導入されている。また、第一次安倍政..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。