保育内容(健康)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数454
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「幼児が保育者での日常生活において、健康で楽しい生活を送るためには、保育士はどのような配慮が必要か、発達年齢の特徴を取り入れながら述べなさい。」
    健康とは、保育にだけ言えるものではなく、大人から子どもまでの人間生活の基礎となるものである。幼児においては、健康的な生活が確保されていることが適切な成長・発達の要因となってくる。幼児の健康を確保するためには、保育者の援助が重要となる。保育者を目指すものとして、領域「健康」について理解しておくことが欠かせないことであることは言うまでもない。以下、健康の意味や領域「健康」のまとめ、幼児が保育所での日常生活において、健康で楽しい生活を送るためには、保育者はどのような配慮が必要かについて、発達年齢の特徴を入れながら具体的に論じていく。
    まず、健康の意味についてWHOの定義を基に論じる。健康への関心は今や日本国民のほとんどが関心を持っている事柄であるといっても過言ではない。健康であることは、大人も子どもも共に人間の生存のための権利の一つである。健康といえば身体的な面が中心に考えられがちである。しかし、WHOでは「健康とは、単に疾病や虚弱がないことではな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。