保育相談支援演習 A評価

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数226
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「近代以降の社会変化に伴う子育ての変化について説明し、それを踏まえて保育の特性と専門性を活かした保護者支援について述べよ。」 1.はじめに 近年我が国では、核家族化、共働き世帯の増加・・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「近代以降の社会変化に伴う子育ての変化について説明し、それを踏まえて保育の特性と専門性を活かした保護者支援について述べよ。」
    1.はじめに
    近年我が国では、核家族化、共働き世帯の増加、少子化、ひとり親家庭の増加、地域社会との関係の希薄化等により、子どもを取り巻く環境が従来の日本に比べ変化している。その結果、家庭や地域の保育力の低下を招き、「子どもとうまくかかわれない」「育児方法がわからない」など、孤立した育児で悩む保護者が増え、育児の伝承や支援が受けにくくなっている現状となっている。そのため現代社会において保育士及び保育所における子育て支援の重要性が注目をあびている。以下、近代以降の社会変化に伴う子育ての変化について説明し、保育の特性と専門性を活かした保護者支援について論じていく。
    2.子育て環境の変化
    上述したような家庭の変化に伴い、子育て環境も影響を受け、子どもを取り巻く「仲間、空間、時間」の三つの「間」が減少している。特に注目したいのが、子どもの親とかかわる時間、自由時間の「時間」の変化である。共働きの増加等、家庭の変化によって生活様式が変化し、子どもは生活の大半を保育所で過して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。