障害児保育 A評価

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数159
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保育の場で出会う可能性のある心身の障害について、いくつかのタイプを挙げ、それぞれに起こりうる生活上の困難について述べよ。」
    1.はじめに
    世界中には、様々な障害が存在する。もちろん保育現場にも様々な障害をもった子どもがいる。現時点での私はこの様々ある障害の病名等は知っているが、果たしてそれがいったいどのような症状や障害を起こすのかは理解しえない。それに、どのように扱い、援助するべきか非常に難しいところである。保育者は障害をもった子どもと直接ふれあう機会が人より多く、その子を保育・教育をしていかなければならない立場にある。そのため、保育者を目指すものとして子どもの心身の障害について具体的に熟慮しておくことが極めて重要であることは言うまでもないだろう。以下、保育の場で出会う可能性のある心身の障害について、いくつかのタイプを挙げ、それぞれに起こりうる生活上の困難について論じる。
    2.発達障害
    発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、身心の発達や行動、情緒に障害が起きている状態を指す。主な障害のうちの二つを以下述べる。
    注意欠陥多動性障害
    発達年齢に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。