幼児教育方法論

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数786
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「幼児とともに生活をつくっていく保育の役割について、具体的な事例(子及び集団)を取り上げながら述べよ。」 幼児にとって保育者は、自身の人間性を形成するうえで重要な環境要因である。幼児期に与えられた・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「幼児とともに生活をつくっていく保育の役割について、具体的な事例(子及び集団)取り上げながら述べよ。」
     
    幼児とって保育者は、自身の人間性を形成するうえでの重要な環境要因である。幼児期に与えられた環境要因によって、その幼児の障害に渡る人格が形成される。幼児期は人間としての基礎を確立する時期であることから、保育者は幼児の特性をよく理解し、幼児の発達に合わせた教育活動を行わなければならない。また、充実した生活、教育活動は、幼児と保育者の信頼関係によって構築される。したがって、保育者は幼児との信頼関係を築き、幼児とともに充実した生活を作り上げるよう努める必要があると考えている。これは『幼稚園教育要領』にも示されている。以下、幼児とともに生活を作っていく保育者の役割について、具体的な事例を挙げ、私見を含め論じていくことにする。
    保育者は常に新しい幼児理解を見つけ出さなければならないと私は考える。偏見のない目で子どもを理解することを「白紙のような気持ちで子どもを見る」と言うことがある。しかし、私たちが子どもを見るときはすでにある枠組みがあり、それを全部取り払った見方をすることは難しい。子どもを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。