法学(憲法も含む)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数256
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「憲法の定める自由権(特に精神的自由)について述べよ。」
    1.はじめに
    我々は様々な面で、法律の下、自由が確立されている。自由も我々の人権である。それは日本国憲法でも定められており、この日本国憲法は国政だけでなく、我々の生活の根幹ともいえる。しかし、現実世界ではどこまで自由でどこからが法律違反であり人権侵害であるのかは定かではない。特に自由に関しては、宗教、学問、表現など、我々の日常的生活の中で問題になるものが多くある。これは保育の現場にもいえることである。もちろん子どもにも様々な自由が確約され、人を相手にする仕事であるため保育者は自由権について熟慮しておく必要が極めて高い。以下、憲法を定める自由権(特に精神的自由)について、具体的な事例を挙げ、自己の見解を踏まえながら論じていく。
    2.自由権とは
     自由権とは、国家権力による侵害・干渉を排除して個人の自由な生活領域を確保する権利である。18世紀のアメリカおよびフランスの人権宣言ではじめて規定されたとされている。それ以来,権利の内容と保障の方法に変化はあるものの,自由権は各国成文憲法の権利宣言において中核的地位を占めている。わが国の日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。