保育内容(環境)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数558
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保育内容を構成する環境のねらいの意義をふまえ保育者の援助、環境構成のあり方について述べよ。」
    人間が成長・発達するために「環境」は重要である。実際に実社会の中でも、親子関係や周囲との関係、住まいなど物的な物を含む周りの環境が良ければ心が豊かになり、親子関係や周囲との関係など自分を取り巻く環境が悪いと人格形成に望ましくなく、非行に走ってしまったなどということをよく耳にする。つまり、たいがい育った環境がよかった、悪かったなどが人格形成上の意義や役割の重要性を指摘されることが多い。
    「環境」とは、生きていく上で基盤となっている有形無形の事象、生き抜くための土台となっている文化や制度など、周囲のすべてを意味している。幼児を取り巻くもので考えてみると、家族や保育者、友だちは人的環境であり、保育室や遊具などは物的環境になる。幼児を取り巻くものすべてが環境になるため、人的環境である保育者は、自分の講堂や言動は幼児がすべて見ている、聞いているということを意識し、幼児たちのモデルとならなければならない。物的環境である保育室、遊具は安全管理をして幼児が楽しく遊べて、やりたいことを見出せるよう保育者は環境..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。