発達心理学Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数674
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「新聞や雑誌、インターネットから発達障害や虐待に関する記事を参考に、それらに伴うトラブルの要因と、自分なりの対処法について述べよ。」
    1.はじめに
    本レポートにおいて私は、近年増加傾向にある児童虐待に焦点をあてて論じていく。児童虐待とは「保護者やその他児童を主に監護する者によって加えられる行為」と定義され、以下のように分類されている。①身体的虐待(殴る・蹴る等の児童の身体に外傷が生じたり、生じる恐れがある暴行を加えること)②ネグレクト(養育の怠惰・拒否)例えば児童の心身の正常な発達を妨げるような著しい減食、長時間の放置、病気や怪我をしても適切な処置を施さない、乳幼児を家に置いたまま外出する、極端に不潔な環境で生活させる、などである。③心理的虐待(自動に対する著しい暴言、著しく拒絶な反応など心理的外傷を与える言動を行うこと、児童の前での配偶者に対する暴言)などがある。近かい私は高校での部活動の虐待を取り上げ、それらについて考察していく。
    2.大阪市桜宮高校での部活動虐待事件(別添資料参考)
    2012年12月23日、大阪市立桜宮高校2年生(バスケットボール部主将)自殺事件は、メディアを通じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。