乳児保育Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数204
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「保育所における乳児保育の課題について述べよ。」
    1.はじめに
    近年の我が国は少子高齢化や核家族化、地域住民の関係の希薄化といった社会現象により、保育所での子育て支援が注目を集めている。また、保護者の共働きが主流となり、子どもと接する時間が短くなり、十分な子育てを行えていない家庭が多く存在する。そこで保育所は子育て支援の現場で重要な役割を果たす。つまり、これからの子育てや保育は、保育所が保護者の重要なパートナーであり、「保護者」と「保育士などの専門家」との連携が行われていなければ、十分な子育てを確立することは困難である。したがって、本レポートの課題では保育所における保育の課題について触れ、特に乳児保育に焦点をあててその課題と問題点について論じる。
    2.乳児の発達に関する保育課題
    乳児期は、一生の中で最も身体の発達が著しい時期であり、その後の発達的土台を形成する時期である。その時期の成長の様子は、障害の早期発見に関して一定の役割を担う。そこで私は、運動機能が発達する時期である0歳児後半(6ヵ月から1歳半まで)の姿勢・運動発達について着目したい。適切なアプローチについて検討することは一つの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。