人権教育(こどもの人権を含む)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数212
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「人権教育の現状と課題について考察するとともに、学校における人権教育のあり方についてあなたの考えを具体的に述べよ。」
    21世紀は「人権の世紀」でといわれ、それからすでに10年以上が経った今、人権の重要性は成人の誰しもが認識していなくてはならないはずである。今では人権の重要性を大きくうたっているために、人権尊重の理念も浸透しつつある。また人権を考えるにあたって、「子どもの人権」も欠かしてはならない。つまり、子どもは人権の主体でなければならないのである。しかし、人権の重要性がうたわれていながらも、人権教育が学校・社会で十分に展開されていないと思われる事象もしばしばある。以下、人権教育の現状と課題について考察するとともに、学校における人権教育のあり方について論じていきたい。
    「人権」とは、人間の尊厳に基づいて個人が持っている固有の権利であり、社会を構成する全ての人々が個人としての生存と自由を確保し、社会において幸福な生活を営むために欠かすことのできない権利である。日本国憲法11条は、基本的人権の尊重などが明記され、人間らしく生活を送るために人権は欠かすことができないものであることが理解される..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。