教育心理学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数154
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子どもの「個人差」ついて述べよ。
    1.はじめに
    人間には様々な個人差が存在する。人の行動には、昔から知、情、意と言われてきているように、知的行動、情緒的行動、意識行動の三つの側面があり、それぞれに個人的な特徴がみられる。最近の教育では、子ども一人一人の個人差を捉えた教育が重要視されている。外国の教育方法では、子どもの得意な科目をみつけだし、それを中心的に能力を伸ばすといった教育が実施されているところもある。それほど現代では子どもの教育において個人差を捉えることが重要なのである。
    子どもの個人差には、知能、性格、行動に大きく現れる。教育者を目指すものとして、子どもの個人差はどういったものでどのように現れるのか熟慮しておくことが重要であることはいうまでもない。以下、子どもの個人差について、知能、性格、行動に触れながら具体的に論じ、子どもの個人差をどのように見つけるべきであるかについて私の意見述べていく。
    2.知能
     言うまでもなく知的行動には個人差があり、それぞれの子どもに特徴がある。こうした知的行動における特徴は、子どもたちが育てられてきた環境のあり方によって規定される。そして、個人的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。