家庭支援論

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数2,171
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「家庭支援の背景と意義及び支援の内容について述べよ。」 1.はじめに 今日の我が国は、女性の社会進出などの労働スタイルの多様化により教育的機関の低下が指摘されてきている。また、少子化や核家族化、地域住民同士の関係性の希薄化といった・・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「家庭支援の背景と意義及び支援の内容について述べよ。」
     
    1.はじめに
    今日の我が国は、女性の社会進出などの労働スタイルの多様化により教育的機能の低下が指摘されてきている。また、少子化や核家族化、地域住民同士の関係性の希薄化といった社会現象によって、子育てを阻む様々な要因が形成されている。これらのことから、昔では通常行われていた家庭機能は現代では歯車が噛み合わなくなり、家庭機能の収縮が進んでいる。家庭機能の収縮は子育てに関する様々な問題を生み出している。そのため、近年では子育て支援を行う保育施設がこれまで以上に注目を浴びている。以下、本レポートでは家庭支援の背景と意義及び支援の内容に焦点をあて、私見を含め論じていく。
     2.家庭支援が必要となった社会的背景
    保育施設は子どもの育ちの支援だけではなく、保護者を含めた家族援助という視点が今日では必要不可欠となっている。これは2001年度に改正された児童福祉法にも記されており、保育士資格が法定化し、家族援助論が養成課程に位置づけられた。したがって家族援助の重要性がわかる。ここでは家庭支援が必要となった背景について述べる。
    (1)家族機能の弱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。