音楽基礎Ⅰ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数329
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「クラシックの代表的作曲家とクラッシック音楽の保育・教育等の現場での活用法について述べよ」
     保育現場では音楽が様々な場面で使われている。例えば、昼寝の時間や運動会といった場面である。このような場面で流れている音楽には、流行りの音楽などを流すこともあるがクラシック音楽が使われることが多く、私自身の記憶にも強く残っている。しかし、音楽の様々なジャンルの中で、クラシック音楽にはあまり馴染みがなく、趣味で聞いたりもしない。今の私ではクラシック音楽とは何かと問われたとき、容易に答えを出すことはできない。保育所や幼稚園で使われていることから、今後の自分自身のためにも知識として学んでおく必要があると考える。以下、クラシックの代表的作家曲家とクラシック音楽の保育・教育の現場での活用方法について、クラシックの意味や音楽の歴史などにも触れ、自分の体験をもとに具体的に論じていく。
    まずクラシックとは、「古典」という意味がある。そしてクラシック音楽は一般的にはヨーロッパの音楽を指している。我々が耳にする、ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685~1750年)ぐらいから、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。