明星大学 PA2030【教育心理学】2単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数83
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧頂きましてありがとうございます。

    明星大学通信教育 PA2030 教育心理学 2単位目 の合格レポートです。
    レポート課題等の参考にしてみてください。
    2014年度~対応

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    PA2030 教育心理学 2単位目合格レポート
    ○課題○
    ・コールバーグの道徳性の発達理論に基づいて、子どもの道徳性の発達について述べなさい。
    ○講評○
    必要事項を満たしてまとめることができています。
    学習を深められたことがうかがわれるレポートです。
    ・コールバーグの道徳性の発達理論に基づいて、子どもの道徳性の発達について述べなさい。
     ピアジェの発達理論は今もなお、さまざまな分野に大きな影響を与えている。彼は、他律性から自立性へと変化する「道徳的判断」の発達段階についても研究していた。それは、認知一般の発達過程と一致するとした。このピアジェの考えを踏襲し、さらに発展をさせて縦断的、包括的なモデルを作ったのがコールバーグである。コールバーグは、道徳的ジレンマに対する被験者の応答に基づき、道徳性の発達段階を実証的に確立しようとした。そこで、コールバーグの道徳性の発達理論について考えていく。
     コールバーグには、実証的な調査をもとにした道徳的ジレンマの「ハインツのジレンマ」という例話がある。
    「病気で死にかかっている妻の生命を救うにはとても高価な薬が必要だ。その薬を売る薬..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。