明星大学 PA2030【教育心理学】1単位目 合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数54
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ご覧頂きましてありがとうございます。

    明星大学通信教育 PA2030 教育心理学 1単位目 の合格レポートです。
    レポート課題等の参考にしてみてください。
    2014年度~対応

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信教育
    PA2030 教育心理学 1単位目合格レポート
    ○講評○
    具体例を挙げながら説明されており、理解を深められたことがうかがわれます。
    ○課題○
    ・ピアジェの発達論にもとづいて、子どもの思考の発達について述べなさい。
    ・ピアジェの発達論にもとづいて、子どもの思考の発達について述べなさい。
    思考(考えること)は人間のきわめて重要な精神活動である。パスカル曰く「人間は考える葦である」、デカルト曰く「我思う故に我有り」と言った。思考なくして、現在の文明文化は築けなかったことでしょう。ここでは、思考の研究で大きな成果を上げたスイスの認知・発達心理学者であるピアジェの発達論をもとに考えてみる。
     彼は、外界を認識する際に使用する認知の枠組みをシェマと呼び、同化と調節の均衡化の過程でシェマが変化していくことを知能の発達と定義づけた。同化とは、すでに自分が得たシェマと外界の情報を適合させてより強固にすることである。調整とは、外界の情報に合わせながら自分のシェマを変化させていくことである。この同化と調整を繰り返しながら、誕生~幼児・児童期~思春期と思考は段階を経て成長していくのである。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。