幼児理解保育相談第1課題第4設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数318
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『子どもの理解と保育・教育相談』(みらい)小田豊 2008/5/1
    『幼児理解・保育相談』(聖徳大学通信教育部)聖徳大学通信教育部 平成25年3月
    『幼稚園教育要領』(フレーベル館)2008/10
    『幼稚園教育指導資料第3集 幼児理解と評価』(株式会社ぎょうせい)文部科学省 平成22年7月

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第4設題
     子ども一人一人は、それぞれある時代のある社会における、ある家庭のなかに生まれ、その生涯のかなり長い時期を親の保護のもとに過ごす。
     しかし、父と母が不和な家庭や、極端に貧しい家庭、不適切な教育観をもった家庭は、それぞれ違った意味で子どもの成長、発達に好ましくない影響を与えることは簡単に想像ができるだろう。
    幼い子どもにとって家庭は唯一の世界である。子どもは一人前の大人となるために、たくさんのことを学び、身につけていかなければならない。このように、子どもの成長に家庭の環境は大きく影響を与えているのだ。
    そこで、家庭の役割で大切なことであるが、まず、安心・安全な居場所であるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。