日本国憲法第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数218
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『憲法要説』(成文堂)斎藤静敬 1998年

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     まず、日本国憲法では、司法権の独立が強化されている。
    裁判は公正に行なわれ、人権の保障が確保されなければならない。そのためには、司法権が立法権や行政権から独立していなければならないのだ。例えば、憲法76条3項では、裁判を担当する裁判官が外部からの圧力や干渉を受けずに、職責を果たすことが必要とされている。もちろん、裁判官は内部である司法権の圧力や干渉も受けてはならない。
    では、司法権の独立とはどのようなことをいうのだろうか。司法が他の権力からの圧力や干渉を受けることなく、分離・独立して自主的に活動するという意味、裁判をする裁判官が法以外に拘束されず、公正無私の立場でその職権..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。