保育内容指導法Ⅶ第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数264
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『保育内容指導法Ⅶ』(聖徳大学通信教育部)森・白野 平成25年3月

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1投題
    WHOの定義により、子どもの健康とは、「健康とは、身体的、精神的ならびに社会的な良好な状態であって、単に病気または虚弱じゃないというだけではない」さらに、「子どもの健康は発育が基本的に重要であり、変化しつつある全環境に調和する能力が不可欠である」ことが指摘されている。子どもの成長は大人と大きく異なっていて、個人差や生得的な条件に左右されながらも、絶えず成長して、発達しているという特性をもっているのだ。
    子どもは出産したてのときは、身体的にも精神的にも、未熟である。親や保育者に養育される。この際、大人と子どもの相互作用が十分に行われることで、将来に向けて望ましい成長・発達を続..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。