児童学の保護学的基礎Ⅰ第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数199
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『わかりやすい子どもの保健』(文化書房博文社)米山岳廣 2012/4/1

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1投題
    なぜ新生児は可愛いと認識させるよう生まれてくるのであろう。親が保護することができるもの、力が強い、食物連鎖で上位、子を移動する手段を持つものは、親の体内で育つより、刺激を受けるほうが経験を積んで成長できるため、より未熟な状態で産むのである。例えば、草食動物は食べていくのは目の前の草を食べるため、簡単であり、自分で走れるほど成長して生まれてくる。それに比べて、肉食動物は、獲物を捕獲しなければならなく練習する時間が必要になるため、子どものころから身体で覚えていくのである。また、チンパンジーやオラウータンは親が子を抱えて逃げることができるため、早めに小さく産めばお産も軽いし、より..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。