教育基礎論第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数160
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『教育基礎論』(聖徳大学通信教育部)牧昌見 平成25年3月
    『学校経営の基礎・基本』(教育開発研究所)牧昌見 2006/2/1
    『教育経営入門』(教育開発研究所)宮田進・片山世紀雄 2012/4/1

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1投題
    まず、テーマⅠの学習課題の1、「人間の成長と環境について述べよ」について考えたいと思う。
    人間は、生まれてからすぐ歩ける野生動物に比べて、生まれてからすぐには歩行もできず、未熟な状態で生まれてくる。自らの意志で動けるようになるには、生まれてから1年以上かかるだろう。生まれてからしばらくは、親をはじめ、多くの人の支援がなければ成長できないのである。人の一生において、幼児期は、生涯の人間関係の基礎が養われる極めて重要な時期であると考えられる。子どもは、生活や遊びといった様々な体験を通して、情緒的・知的な発達、さらに社会性を身につけ、人間として、また、社会の一員として、より良く生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。