P6302【A評価】【合格レポート】米文学史、第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数900
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    P6302米文学史のA評価合格レポート第2設題です。コメントとして、代表作を挙げながらわかりやすくまとめられていますと高評価されました。設題にそって、代表的な作家・作品を登場した時系列順に述べることと、なるべく具体的かつわかりやすく論じることに留意して作成しました。ぜひ参考になさって下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)アメリカン・ルネッサンスについて、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。
    (2)ベトナム戦争とアメリカ文学について、具体的な作家、及びその作品名を挙げて論じなさい。
    (1)アメリカン・ルネッサンスについて
     アメリカン・ルネッサンスとは、1941年にハーヴァード大学教授F.O.マシーセン(Francis Otto Matthiessen 1902-50)の著書『アメリカン・ルネッサンス―エマソンとホイットマンの時代の芸術と表現』によって一般化した、19世紀中頃にアメリカの文学が飛躍的に成長し、文学史上に名だたる傑作が次々と発表された時代を指す用語である。ルネッサンスという言葉は、本来は復活や再生を意味するが、この用語においては本来の意味というよりも「文芸が開花した」という意味合いに重きを置いて使用されている。
     アメリカは1776年に独立してからも、文学はイギリスの影響を受け続けており、アメリカ独自の文学は時が流れてもなかなか生まれなかった。しかし、広大な国土や豊かな自然・資源を背景に、この時期に人口が急増し、それに合わせてアメリカ独自の文化を求める気運を生んだ(野間・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。