Z1114,Z1105【合格レポート】学校教育課程論【一発合格】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数673
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育課程論の合格レポートです。コメントとして、指導要領の変化について適切に指摘されていると高評価されました。参考文献は学校指定の教科書以外の文献も用いて、レポートに必要なデータ収集から丁寧に行いながら、設題に忠実にまとめています。ぜひ参考になさって下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     中学校あるいは高等学校のいずれかの教育課程について、その基準と編成原理、今日的課題についてまとめてください。
     教育課程(カリキュラム)とは、学校教育の目的や目標を設定し、それを達成するために、教育する内容を系統立てて配列し、授業時数との関連において総合的に組織した、学校の教育計画である。つまり、教育課程は、それぞれの学校の生徒一人ひとりの心身の発達や特性、学校や地域の実態などを十分に考慮した教育を実行していく上で欠かすことの出来ない、教育計画の中核を成すものである。
     まず、高等学校の教育課程の基準の変遷について述べる。高等学校は、第2次世界大戦語の教育改革後、戦前の旧制中学校や高等女学校、実業学校が合併や改組によって新たに誕生し、中等教育機関として位置づけられた。高等学校の教育課程の国家的基準は学習指導要領であるといえるが、その制定以前は、民主主義を日本に定着させるため、教科書から戦意高揚に関する記述をなくすことや、修身科を廃止し新たに公民科を設置すること、生徒の自発性を重視した教育へ転換することなどが念頭に置かれていた。1947年に最初の学習指導要領が制定されるが、この時点では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。