《明星大学通信》PB3100:初等教育相談の基礎と方法 2単位目★2017年度 一発合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数108
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2017年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    明星大学通信教育指定レポート用紙と行数と文字数(25文字×90行)
    に合わせてwordにて作成していますので見やすいかと思います。

    ★課題★

     ①発達障害のある子ども・発達障害を疑う気になる子どもの理解と教育現場における支援の方法に関して、一つの発達障害を取り上げ、発達的な観点から問題行動を捉えつつ、述べなさい。
     ②教師として、「困った親」「障害をもつ、またはそれを疑う子どもを抱える親」とのつながりをどのように作っていけばよいかについて、どちらか一つ選んで述べなさい。


    ★講評★

     課題の設問に、概ね解答されていましたので、本レポートは合格です。
     <今後に向けてのアドバイス>
     「子育て困難社会」にある現代において、多様な保護者とのつながりを作っていく上で大切なことは、それぞれの保護者の子育てのリソースがどれくらいあって、それらがどの程度機能しているのか、という状況を客観的に理解することです。そのうえで、「共感」というカウンセリングマインドが生き、「困った親」から「困っている親」へと見方が変わるでしょう。また、「子どもに関して重要なことは、保護者が一番よく知っている」ものです。子どもにかかわるすべての人の目標である「子どもの育ち」を実現するために、保護者を欠かすことはできません。子どもの生命を育んできた保護者に敬意を示し、長年培ってきた子育てに協力させて頂くという謙虚な姿勢が、お互いの信頼関係の基盤となります。




    「何をどのように書いたらいいか分からない」「書いてみたが自信がない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    バラ販売・セット販売・科目終了試験問題などを随時アップロードしていきます。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/940851121641@hc15/
    こちらをご覧ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB3100:初等教育相談の
               基礎と方法 
    2単位目
    一発合格レポート
    ○課題
    ①発達障害のある子ども・発達障害を疑う気になる子どもの理解と教育現場における支援の方法に関して、一つの発達障害を取り上げ、発達的な観点から問題行動を捉えつつ、述べなさい。
    ②教師として、「困った親」「障害をもつ、またはそれを疑う子どもを抱える親」とのつながりをどのように作っていけばよいかについて、どちらか一つ選んで述べなさい。
    1. 発達障害のある子どもを支援する上で、基礎となる考え方は、生涯のある人も、ない人同様に地域で生活することを目指すノーマライゼーションの理念である。障害の種類や程度で学校や教室を限定せず、できる限り同じ場で共に学ぶことを目指す。支援は、障害のある子どもを標準に合わせ、治そうとするのではなく、遺伝的・生物学的側面、個としての発達レベルや能力、社会環境の3つの側面から障害の状況を評価し、支援する「生物・心理・社会モデル」という考え方が適切である。
    診断名があれば、認知の傾向や行動傾向など、障害の理解と知識を得ることが基本であるが、それはあくまで共通特徴を集約したも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。