《明星大学通信》PB2060:図画工作 2単位目★2016年度 一発合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数69
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    明星大学通信教育指定レポート用紙と行数と文字数(25文字×90行)
    に合わせてwordにて作成していますので見やすいかと思います。

    ★課題★
     1.テキストの「学習指導要領の方向、教科としての図画工作」(第2章)を読み、1,000程度に大意要約せよ。
     2.テキストの「図画工作の評価」(第7章)を読み、「観点別学習状況の評価」における4つの観点のそれぞれについて、それぞれの観点の趣旨に沿いながら、全体で1,000字程度に整理して説明せよ。

    ★講評★
     4つの観点は、子どもを判定するのではなく評価する教師がそのような目で子どもの表現(=作品)を受け取る、ということでしょう。



    「何をどのように書いたらいいか分からない」「書いてみたが自信がない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    バラ販売・セット販売・科目終了試験問題などを随時アップロードしていきます。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/940851121641@hc15/
    こちらをご覧ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB2060:図画工作 
    2単位目
    一発合格レポート
    1.テキストの「学習指導要領の方向、教科としての図画工作」(第2章)を読み、1,000程度に大意要約せよ。
    2.テキストの「図画工作の評価」(第7章)を読み、「観点別学習状況の評価」における4つの観点のそれぞれについて、それぞれの観点の趣旨に沿いながら、全体で1,000字程度に整理して説明せよ。
    1.第2章の大意要約
    学習指導要領とは、文部科学省に依属されている中央教育審議会から出される答申に基づき作成される、子どもの学習の条件に差が出ないための教育課程の全国的な標準であり、指導するうえでの指針である。約十年ごと
    に改訂が行われ、現行は2008年3月版である.図画工作科においては全体としては、第1「目標」 、第2「各学年の目標及び内容」 、第3「指導計画の作成と内容の取扱い」 、という構成になっている。上から順にさらに細かく見ていく。
    まず、第1の目標は、 「表現や鑑賞を通して、感性を働かせながら造形的な能力や情操を養う」といった内容になっている。感性とは直観的な感覚や知覚のことであり、様々な能力の基礎となる資質であり、図画工作では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。