《明星大学通信》PB2090:児童心理学 1単位目★2016年度 一発合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数92
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    明星大学通信教育指定レポート用紙と行数と文字数(25文字×90行)
    に合わせてwordにて作成していますので見やすいかと思います。

    ★課題★
     子どもの愛着形成について説明しなさい。

    ★講評★
     よくまとめられています。


    「何をどのように書いたらいいか分からない」「書いてみたが自信がない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    バラ販売・セット販売・科目終了試験問題などを随時アップロードしていきます。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/940851121641@hc15/
    こちらをご覧ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PB2090:児童心理学
    1単位目
    一発合格レポート
    ○課題
    子どもの愛着形成について説明しなさい。
    ①子どもの愛着形成について
     乳児にとって一番身近な養育者である母親が、愛情深く子供を育てることは、単に感傷的問題でなく、要求充足、愛着形成、知覚・認知、社会的行動といった乳児の発達のために極めて重要なことである。特に愛着の形成について焦点を当てて述べていく。
     愛着(アタッチメント)とは「乳幼児が母親など特定の人との間に形成する情愛的な結びつき」と定義されるもので、特に乳幼児の発達に対して強い影響力を持つ。微笑んでみたり、後追いしたり、または離れると泣いたりというように、選択的に特定の人への接近を求める行動を愛着行動と呼ぶ。その愛着を形成するための要因は何であるだろうか。従来は、空腹やおむつの不快感などの、生理的欲求の充足により母親に依存的になることで愛着形成がされるという「動因低減説」により説明されてきたが、根本的に正しいものだとは言えない。様々な動物実験から裏付けられる、実際に愛着形成の要因となるものは、母親と乳幼児の間の身体的な接触に加え、視覚・聴覚・嗅覚的な接触といった相互交..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。