《明星大学通信》PA1040:教職入門 1単位目+2単位目★2015年度 一発合格レポートセット

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数456
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    《PA1040:教職入門》
    2015年度に提出し、一発で合格の評価をいただいたレポートです。

    明星大学通信教育指定レポート用紙と行数と文字数(25文字×90行)
    に合わせてwordにて作成していますので見やすいかと思います。

    ★課題★
    ○1単位目
     1.教員養成の歴史について論述せよ。
     2.教職の専門性について論述せよ。
    ○2単位目
     1.現代の教員に求められるものについて論述せよ。
     2.教職者に求められる教育愛と権威について論述せよ。

    ★講評★
    ○1単位目
     1.教員養成の歴史が的確にまとめられています。
     2.専門職としての職責について論及されています。
    ○2単位目
     1.現代の教員に求められている資質能力について検証されています。
     2.教育愛と権威について詳しく論じられています。

    「何をどのように書いたらいいか分からない」「書いてみたが自信がない」などと、悩んだり困ったりしている方のお力になれると幸いです。ぜひ、参考にしてください。

    バラ販売・セット販売・科目終了試験問題などを随時アップロードしていきます。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/940851121641@hc15/
    こちらをご覧ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)教員養成の歴史について
    鎖国により遅れた国力の増強のため、1872年に我が国初の公教育制度である「学制」が制定される。その同年に設置された「師範学校」こそ初の教員養成機関であり、戦前の教員養成の中心を担う。明治政府は国民教育に積極的に取り組み、様々な制度を確立する。1880年「改正教育令」を公布、各府県に師範学校の設置を義務付けた。
    国民教育に積極的に取り組む中、初代文部大臣、森有礼が1886年に公布した5つの学校令の1つ「師範学校令」においては、順良・信愛・威重を教員に求める気質としており、そんな教員・人物養成を目的とする「目的性」が強かった。そのため着実で真面目だが、内向的で偽善的な「師範タイプ」の人間を生み出す結果となる。その後「師範教育令」となり、さらに2度の改定が行われるも、目的性という本質は変わらなかった。
     1945年に終戦を迎えると、目的性から開放制への変遷の時期となる。1946年米国教育使節団が、教育大学構想つまり目的性を維持しつつ、教育大学へ発展させる構想を提起する。ところが教育刷新委員会は、教員養成は大学の教育学科で行う、すなわち「開放制」の方針を採択する。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。