人権(同和)教育 設題1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数274
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育過程


    S0536人権(同和)教育のレポートで2014年に判定Bを頂きました。


    レポートを作成する際に参考になれば幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
     人権(同和)教育について、すぐに思い出すのが、女性や障害者の「差別」や「平等」という言葉で、現代社会において問題になっている事柄が多いように思う。また、日本国憲法を特徴付ける三大要素の一つにある、「基本的人権の尊重」について学んだ事も人権を考える一つであった。調べていく中で、学生生活及び社会人として生きていく中で、日々が人権学習であることが分かってきた。また、その歴史について紐解く事は機会として少なかった中で、部落とは何か、もっと以前の穢多、非人とは何かと、私自身が住む京都を見つめるだけでも多くの歴史があって、今の人権教育がある事が分かったため述べていく。
     はじめに、同和教育とは「『同和教育』は、同和問題を解決するための教育の営みの総称である。」(1)とあり、教育の原点とされている。「教育基本法」においても、第一条や第三条がそれを表しており、これの実践こそが「同和教育」であるとも言われている。現代においては、2002年の学習指導要領の改訂以後、「生..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。