図書館制度・経営論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数275
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    近大通信レポート司書

    代表キーワード

    近畿大学経営論

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1はじめに
    図書館の専門職員とは、一般的には司書資格を有する者である。司書は、利用者に資料提供や文書案内、電子機器の利用方法などの専門的業務に加えて、図書館で管理する文書の選定業務などの図書館業務を行っている。司書が行っている図書館業務と専門的業務をまとめ、今後の図書館の発展において司書の役割を確認する。
    2図書館業務
    収・受入業務
    購入した蔵書が注文どおりであるか、不良品はないか等の検収や、図書館蔵書として、図書原簿や資産原簿などに受け入れる業務である。
    計・庶務業務
    図書館の予算を執行・管理し、予算書や予算執行状況票の把握、図書館に届く郵便物の収受・仕訳、アンケート回答などの処理業務である。
    料の配架業務
    整理された資料を指定された分類番号順等の一定の場所に配架する業務である。新刊書や返却本、指定の書架からはみ出した蔵書の配架や配架異動による配架がある。
    ④貸出・返却業務
    貸出・返却のカウンター業務である。最近では自動貸出・返却機も導入されており、セルフ・サービスによる貸出・返却が行われている図書館が増えている。
    3専門的業務
    ファレンス業務
    レファレンス業務には、ジェネラルレファ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。