児童サービス論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数232
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格済みレポートですが、あくまで参考としてご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1読書が与える子どもの成長について
    本を読んだり、読んでもらったりすると、子どもの想像力はたくましく、その本の世界に入り込み、自分を主人公や登場人物に置き換えて、喜怒哀楽を感じながら本を楽しむ。本から受けたおもしろさや感動は、その時の感情の起伏幅が大きいほど、子どもの心に影響を与え、記憶にも残る。心に影響を与えるタイミングとしては、子どもの心が広く開放されている時に起こりやすいので、自分が本を読みたいと思った時や読んでほしいと思ったときに、望む本を読んであげれる環境が大切になる。そして、記憶に残るような影響が繰り返し行われることにより、本からの体験は、「感情」や「知性」となって蓄積されることになる。この体験により、思いやりや優しさ、慈しみといった人間に必要な感情や感性を育み、知性では思考力、認識力、判断力といった価値観を形成し、個性が養われ、人格が高まり、人間性が育まれていく。
    読書には、単純に身の回りのものや自然や世界の内容を扱う本、生活童話や空想物語がある。それらにより多種多様な世界を体験することで、子どもの心は飽きずに身の回りの世界に興味や関心を持つようになるのである。例えば、子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。