地方自治制度(日本法)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数136
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格済みレポートですが、利用される方は参考として、丸写しはしないでください。不合格になっても責任等は持てません。予めご了承ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1はじめに
    地方自治に関して、地方自治は民主主義の小学校であると言われたり、中央の権力の強大化を抑制し、地方に権力を分散させることであると言われたりする。国や都道府県より小さい特定の地域(市町村)において、その地域の住民の意思を反映させることが目的である。近年、わが国では地方自治の意義を巡り、中央集権的システムの行き詰まりという時代認識を背景に、地方分権を進める様々な制度改革が行われている。
    2日本の自治
    当初、明治憲法の起草過程において、地方制度に関する規定も検討されたが、最終的にはそれらの規定が削除されたため、明治憲法では、地方自治に関する規定は存在せず、地方制度については、中央が地方に対して優位する権利的なシステムになったのである。なぜなら、地方自治を憲法事項と捉える感覚が希薄であったこと、町村に自治を認めることには異論はなかったが、府県のあり方等に意見の不一致が存在していたことが理由である。
    戦後、日本国憲法制定時において、アメリカの影響を強く受けて地方自治制度が規定されたのである。日本国憲法では、地方自治に関し、第8章に「地方公共団体の組織及び運営に関する事項は、地方自治の本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。