社会政策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数231
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    合格済みレポートですが、利用される方は参考として、丸写しはしないでください。不合格になっても責任等は持てません。予めご了承ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1はじめに
    雇用政策上、中高齢者の範囲は45歳以上64歳未満である。その内、中年者とは45歳以上55歳未満、高年齢者とは55歳以上65歳未満の者を指す。国際労働機関(ILO)においても、45歳以上を高年齢労働者とし、さらに、①45歳~54歳、②55歳以上64歳、③65歳以上の3つの区分で統計・分析を行っている。中高齢者の現状を確認していく。
    2加齢による変化
    高齢・障害者雇用支援機構によれば、年齢を重ねると生活活動において以下の特徴が表れる。
    ・身体能力
    ①視力・聴力など細胞の力で働く機能は30歳を過ぎると低下を始め、40歳以降になると急速に低下する。
    ②筋力の低下は足から始まり、腰・腕・手の力の順に身体の上へ進んでいく。
    ・性格の変化
    ①歳をとるとともに固執性が強まる。
    ②柔軟性が欠け、物事にこだわる。
    ③過去の経験にこだわり、体面に固執する。
    ④機転や適応性が低下し、鈍感になる。
    ⑤興味や関心が低下し、チャレンジ精神が低下する。
    加齢に伴い身体能力は低下するが、訓練した能力や技術は衰えにくく、むしろ年齢を重ねるほどに有用になる。また、性格的変化では、上記のような特徴から、了見や視野..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。